耳掃除にマイクロスコープを使えるか

耳掃除にマイクロスコープを使えるか

耳の中というのは気になり始めると際限なく掃除したくなるみたいですね。

うちの夫も風呂上がりの綿棒はもちろん普段もしょっちゅう耳かきを使っています。

子供の場合なら耳掃除をしてやったりもしますが大事な部分だけに安全には気を使います。

最近は耳の掃除にもマイクロスコープを使う人がいるらしく、ネット上に200倍とかのマイクロスコープで撮影した動画をアップしている人もいますね。

私も見たことがありますが人の耳の中なんて見ていて余り気持ちの良いものではありません。

拡大して見ると耳の中にも沢山毛が生えていて垢もよく見えますね。

そんな風にクローズアップで見ると徹底的に耳垢を取りたくなるんでしょう。

マイクロスコープと耳かきを組み合わせた製品の体験レポートも動画になっていて、使い勝手がいいとか悪いとかレビューも盛んです。

ただ、耳の垢も毛と同じように内部を保護する役目があると聞いたことがあり一寸気になります。

極度に神経質になって掃除しすぎない方が良いかなという気がします。

口中ケアにはマイクロスコープが効果的

先端にLEDライトが付いているマイクロスコープだと暗くて奥深いところもよく見えそうです。

耳などは拡大して見てみる価値が有るかどうか人によって考えが違うでしょう。

私の場合は、口の中だけは普段から入念に点検したいし神経質なくらいに汚れを取りたいと思います。

やっぱり歯と歯茎が健康であってこそ身体全体が調子よくいられるからです。

歯周病の人は糖尿病を併発している人が多いと言われますね。

しかし、口の中を理想的に掃除するのは案外難しいです。

歯医者さんに定期的に通って落としきれない汚れを取ってもらうのですが、経験的に汚れが溜まっていないということは滅多に無いです。

最新マイクロスコープ情報

そこで、マイクロスコープを使って自分の口の中をチェックする様にしたらやっぱり違いますね。

マイクロスコープの中には口腔チェックのためのアタッチメントで鏡が付いているものもあります。

磨き残しが生じやすい部分をマメにチェックできますし画像を撮影しておいて変化を見ることも可能です。

パソコンの画面に映して見れば日常の点検が容易です。